美人を目指す人の美容ネタまとめ


    アンテナサイトリンク*2chNode / 2chnavi /  記事しま.com / アンテナシェア

    カテゴリ: 美容ニュース速報

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    doc
    「ほとんどの汚れは水で落ちる」と、「入浴時の洗浄剤は必要最低限にすべき」というスキンケアの指導法が2007年ごろから広がり始めているという。

    また身体を洗う際にも、合成界面活性剤を用いたボディソープではなく、殺菌成分や香料が含まれていない本来の石鹸(弱アルカリ性で洗浄力を発揮する高級脂肪酸の塩)がお勧めだそうだ。


    「お湯だけの洗浄は有効なスキンケアの方法だ」と話す大嶋皮膚科医院の西谷茂樹氏

    ヒトの皮膚は通常、皮膚常在菌により皮脂が「パルミチン酸」や「ステアリン酸」に分解されて弱酸性に保たれている。このため、食中毒や皮膚感染症の原因となる黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌は、そもそも増殖しにくい環境となっている。また、健常な皮膚は、アレルギーを誘発する大きな分子量の物質は透過させない構造となっている。これら皮膚の防御機構を最大限に発揮するには、皮膚常在菌を維持するとともに、皮膚を傷つけないようにする必要がある。

     だが、界面活性剤を用いて過剰に皮膚を洗ってしまうと、保湿に必要な皮脂や皮膚常在菌までもが落ちてしまう。さらには「肌が傷つき、アレルギーの誘発や細菌感染の原因となる可能性がある」と、大嶋皮膚科医院(兵庫県赤穂市)院長の西谷茂樹氏は説明する。

    米国皮膚科学会(AAD)でも、アトピー性皮膚炎の患者に対するスキンケアの方法を「洗浄剤は必要なときのみ使用する」としている。岡田氏はこれらのことから、「来院した患児や保護者に、入浴時は頭部からつま先まで全身をサッとお湯でくぐらすように指導している」と話す。

     入浴後は、保湿を目的に、皮膚症状がなくても白色ワセリンを塗布。湿疹やかゆみなど、皮膚トラブルがある患者には、必要に応じて外用ステロイドなどを塗布するよう指導している。


    全文は日経新聞 医師の間で広まる「洗いすぎない」スキンケア術




    style="display:inline-block;width:468px;height:60px"
    data-ad-client="ca-pub-8886950462476724"
    data-ad-slot="2521926385">

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    平日に美容・健康のための行動にかける時間は合計78.1分

    朝のスキンケアが6.9分とメイクアップが12.1分、夜のスキンケア10.2分、入浴30.6分、エクササイズ・ストレッチ8.3分という結果に。平日の朝というと、通勤や通学の準備で忙しい時間帯ですが、スキンケアとメイクアップの合計だけでも19分と、しっかり時間をかけているのが分かります。

    ただし、実態としては全体の約7割が「ながら美容」を行っているということが明らかに。フリーコメントを見てみると、「テレビを見ながら美顔ローラーを使っている」「パソコンをしながらスキンケアもストレッチ」といったことをしているようです。美容・健康のためにしっかり時間をかけつつも、「ながら美容」で効率的に乗り切っている、また「すきあらば美容してしまおう」という美容への積極性が垣間見れる結果となりました。


    自宅でスキンケアやメイクアップをするうえで感じている不満

    洗面所の収納(32.8%)
    居室の収納(23.7%)
    洗面所の照明(20.6%)
    居室の照明(20.1%)
    居室への採光(自然光がほしい等)(19.0%)
    洗面所への採光(自然光がほしい等)(18.1%)
    居室の温度(断熱性など)(18.6%)


    美容・健康のために自宅での意識や行動


    1位「部屋の中でも紫外線にあたらないようにしている」(31.7%)
    2位「UVケアのために、カーテンや窓に何か工夫をしている」(31.2%)
    3位「暖房や冷房は肌のためになるべく乾燥しないものを選ぶ」(25.4%)
    4位「肌のために、一年を通じて加湿器などを使って加湿している」(16.1%)

    @cosmeメンバー1000人大調査 「約7割の女子が『ながら美容』」その実態は?


    “コスメ美女子”のための理想のキレイ部屋をつくろう計画Vol.1
     みんなの“おうち美容”の実態 大調査

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    アメリカのマイアミ州に住むラジー・ナリンシン(46歳)さんは、いわゆる「身体は男、心は女」

    女性として生きるために、安価な無免許のヤミ医師に頼ってしまった。

    施術内容は「頬と唇、胸、ヒップ」に注射をして、女性らしいふくよかさをだすもの。ところが施術後から両頬には大きなコブができ、日増しに大きくなるとともに激しい痛みを伴うようになった。本来ならば「ボトックス」などを注入する米ところに、タイヤの修理剤やセメントなどが混じったものが使われていたのだ。

    現在はコブが治療されたラジーさん

    face01




    style="display:inline-block;width:468px;height:60px"
    data-ad-client="ca-pub-8886950462476724"
    data-ad-slot="2521926385">

    【【閲覧注意】無許可のヤミ医師による整形施術でセメント顔に・・・】の続きを読む