美人を目指す人の美容ネタまとめ


    アンテナサイトリンク*2chNode / 2chnavi /  記事しま.com / アンテナシェア

    カテゴリ: 美容ニュース速報

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    4413317876_8937d4199d_o


    118: スリムななし(仮)さん 投稿日:2011/12/29(木) 01:00:22.01
    豚プラセンタで美肌の仕組み解明 

    金大大学院医学系研究科博士後期課程2年の吉川智香子さん(産婦人科学教室)は、豚 の胎盤から抽出した「プラセンタ」エキスが皮膚の新陳代謝を担う細胞を活性化し、肌の 若さを保つコラーゲンを増加させることを確かめた。プラセンタには美肌効果があること は知られているが、肌への作用に細胞レベルで迫った実験は例がなく、美肌づくりの仕組 みを医学的に裏付けた研究として注目されそうだ。

    自然科学研究科薬学系の高野文英准教授(天然物化学教室)と共同で行った実験では、 ヒトの皮膚から採った線維芽細胞を用いて培養液にプラセンタエキスを加えた。その上で ▽線維芽細胞の増殖率▽コラーゲンの濃度▽コラーゲンを分解する酵素の生産量-をそれ ぞれ測定した。
     

    その結果、プラセンタを加えた線維芽細胞は、何も加えない時に比べて増殖率が10~ 20%高くなり、コラーゲン量も、加えたプラセンタの濃度に応じて増加した。プラセンタを添加することでコラーゲンを分解する酵素の生産が大きく抑えられることも分かった 。
     

    これらの結果から吉川さんは、プラセンタエキスが皮膚線維芽細胞に働き掛けてコラー ゲン増加を促し、しわ縮小などに貢献していると結論付けた。

     
    【豚プラセンタで美肌の仕組み解明~皮膚線維芽細胞に働き掛けてコラー ゲン増加を促す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    今注目される「美容外来」。保険が適用され、自費治療でも安心な良心的価格設定が魅力とのこと。そんな美容外来のドクターが語る、美容の嘘、ホントニュースが届きました。


    「年齢相応の肌ケア」や、敏感肌でもしっかりケアが推奨されています。

    美容外来の医師に教わる「美容常識のウソ・ホント」:女性自身


    【若いうちからアンチエイジング化粧品を使うと老化を早める】
    答えは○。「アンチエイジング化粧品は油溶性の美容成分を多く配合しているのが一般的です。これを若いうちに使うと必要以上に油分を与えてしまうことになります。油分は酸化しやすく、酸化によって生じる過酸化脂質は肌の老化を早めてしまうことが懸念されるのです」

    【敏感肌にはシンプルケアがいい】
    答えは×。「敏感肌の人で肌に負担をかけないようにしようとするあまり、化粧水だけでスキンケアを完了しようとする人がいますが、その考えは間違いです。化粧水のあとには、美容液で肌に栄養を入れるのも必須だし、最後には乳液やクリームで肌に蓋をすることも必要です」

    【美容液は2~3種類重ねて使ったほうがいい】
    答えは○。「美容液の効能によっては化粧水の前に使い、化粧水のあとにまた違う美容液を重ねて使ったほうがいいものも。ただし、混ぜるのではなく重ねるのがポイントです」

    【クリームは気になる部位にたっぷり塗る】
    答えは×。「クリームはしっかり塗るとそれだけ効果が期待できると思いがちですが、実は間違いなのです。必要以上にクリームを塗ってもかえって肌の負担になってしまいますし、肌が一度に取り込める水分量や油分は限られているので適量を守って塗るようにしましょう」

    その他

    シートマスクは肌に長くのせるほど潤い肌になる :×
    髪は自然乾燥よりもドライヤーを使ったほうがいい :○

    などなど、美容外来の医師に教わる「美容常識のウソ・ホント」より

    11006572





    style="display:inline-block;width:468px;height:60px"
    data-ad-client="ca-pub-8886950462476724"
    data-ad-slot="2521926385">

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

     1: きのこ記者φ ★ 2014/01/17 10:51:13  [] [-]
         
    パナソニックは16日、水に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの帯電微粒子水「ナノイー」が、大気汚染物質PM2・5含有成分の分解と、黄砂の付着真菌の抑制効果があることを確認したと発表した。

    同社はナノイー発生デバイスを家電や自動車、住宅向けなどで社内外で積極展開し、 2016年度に13年度見込み比約7割増の年700万台の販売計画を持つ。
    新たに確認した効果も積極PRし、この達成の一助にしたい考え。

    今回の検証では、PM2・5含有成分で発がん性リスクが高いとされる多環芳香族炭化水素5種にナノイーを曝露して8時間で78―97%の分解効果を、油臭原因とされるアルカンへの曝露で24時間で99%の分解効果を確認した。また、含有成分で酸性雨の原因の一つとされる芳香族カルボン酸でも同効果を確認。

    このほか、黄砂に付着し、アレルギー発症原因にもなると考えられているビルカンデラ菌でも抑制効果が検証できたという。

    http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320140117bjab.html

    nanoe





    style="display:inline-block;width:468px;height:60px"
    data-ad-client="ca-pub-8886950462476724"
    data-ad-slot="2521926385">

    【【環境技術】帯電微粒子水「ナノイー」がPM2.5成分を分解することが明らかに…パナソニックが確認 [01/17]】の続きを読む